自分の絵と向き合ってみた結果

私は「絵柄が決まらない!」とずっと悩んでました。


参加した創作企画を通して見えてきた「自分の絵」についての話です。


去年の8月頃から創作企画に参加。Twitter創作企画「魔法学園カペラ」魔法学園カペラ˖✧さん (@magic_capella) / Twitter

半年間(+企画終了後は無限アフター)の企画です。


落書きや交流イラストも含めてかなり枚数を描いてきたと思います。

当時のイラストを一部抜粋しながら話していきますね。



↓CS投稿当初。8月~(リゼッタというキャラクターで参加させていただきました)



↑こんな具合に硬めの主線と水彩ペンで描いていました↑

試行錯誤して毎度毎度、塗り方を微妙に変えたりしていましたね。



↓9月半ば頃からの絵。時短で仕上げたい。ということでアニメ塗りに近い塗り方へ移行。一枚にかかる時間はおおよそ2時間~3時間。背景まで凝ったものは描いてないですね。キャラクターメインでした。時短することで投稿枚数を増やす目的です。

アニメ塗りやブラシ塗りはパキッとした仕上がりになるので、見た瞬間に目を惹きやすいからというのも狙いでした。






↓10月頃から。鮮やかな明るめ配色のイラストを意識的に描いていました。

絵を「かわいい」と感想を言われることが多いことに気付き、「自分の絵柄は”かわいい”なのか」と理解し始めた頃でもあります。



↑自分の絵が”かわいい”のなら、「かわいい」と思う絵柄を定着させよう。ということで、ポップな明るい絵に仕上げるために彩度を高めにしていきました。


それでもなんだかなぁという思いで、自分ではしっくりこなかったんですよね。


「どうしてかな」と考えるうちに、「自分が描きたい絵はどんな絵なのか」を深く考えようと思いました。

フォローしているイラストレーターさんの絵をみたり、pixivで惹かれたイラストを観察してみたり……


そこで気が付いたのが

「好きな絵と描きたい絵は違う」ということです。

必ずしも、好きな絵=自分が求める描きたい絵というわけではない。


私は鮮やかなイラストに目が惹かれやすいです。アニメ塗りやブラシ塗りのイラストが多いですね。

それ、まさに今まで描いてきたはずの絵なのですが…


いま思えば、イラスト映えや描きやすさを重視してアニメ塗りをしていたので「描きたい絵」とは違ったのだろうと思います。


では、私が描きたい絵とは?


過去絵を見返しながら、自分が落ち着く、馴染む絵はどれかなと考えた結果。

・水彩ペンを使用した絵

・彩度が低い絵

・落ち着いた雰囲気の絵(派手すぎない絵)

でした



↓過去絵の中でも、ラフの状態ですが下記のイラストの雰囲気がかなり気に入っているなとなり、このラフを元に、もう少し手を加えることにしました。




上記の絵を元に描いたのがこれ↓


かなりいいのでは!?


イラストの完成度については置いておいて、個人的に「好き!」となった絵に仕上げることができました。


このイラストを描いた事で、今後の絵の方向性が定まったような気がします。



まだまだ技術的な面で拙い部分があるので、そこはこれから学んでいくべきことだろうとは思います。


それでも、こうして絵柄の方向性が見えてきたのは良いことです。



「絵柄が定まらない」と悩んでいた私ですが


・とにかく色んな描き方を試してみる

・自分が描きたい、表現したいものを考えてみる

そうすることがいいのかなと思いました。


あとは、周りに意見を聞くこともいいけれど、それに固執せずに「素直に自分が描きたい絵を描く」気持ちも大切だと実感しました。


0件のコメント

最新記事

すべて表示